日本医科大学付属病院 臨床研究総合センター

各部門のご紹介

モニタリング部門
モニタリングは臨床研究の質の管理(Quality Control)を維持するために必要であり、臨床研究(治験を含む)を実施するには、 その研究が計画どおりに適切に実施されているかを確認する必要があります。当部門では、研究依頼者と研究者の信頼関係を構築すべく、適切な臨床研究の推進に努めます。
データ管理部門
臨床研究(治験を含む)の実施に際しては、発生する臨床データを分析、適正に管理する必要があります。臨床研究の結果、その信頼性を担保するためにも、データ管理は極めて大切な要素です。当部門では、研究に関するデータの一元管理を行い、臨床研究が適切かつ円滑に進むよう支援します。
生物統計部門
臨床研究の実施に当たっては、その企画・立案そしてその実施までには多大な時間とプロトコル作成要の労力を必要とします。企画部門においては、研究者が少しでも臨床研究の実施が早期に実現できるよう、臨床研究の企画・立案を支援いたします。また、その後の進捗状況により、更に他部門との協力体制が必要な場合等もアドバイスや他部門との調整等により、研究が進めやすい体制の構築を、より研究者に近い立場で支援・援助いたします。
教育・研修部門
当部門では、研究者が必要とする臨床研究に関する教育・研修を担当しています。これから臨床研究を始める研究者の育成から、既に臨床研究に携わっている研究者の継続教育等、幅広い教育・研修体制を構築しています。また、多くの研究者に対して、臨床研究に関する最新の情報を提供します。合わせて、倫理委員会への申請書類の不備を防止すべく、事前スクリーニングを行います。
治験推進部門
当部門では、多くの患者さんにより早く効果的な治療が可能となるよう、積極的に治験を推進しています。治験には治験に参加していただく患者さんの協力と多大な時間そして費用が必要です。また、治験実施段階においては、患者さんの尊厳と安全を第一に考え、製薬会社や医療機器会社からの治験依頼に対し、出来る限り治験が円滑に進むよう、研究者との連絡・調整業務をはじめ、GCPに添った手続き等を確実に実施します。
シーズ探索部門
当部門では、日本医科大学及び関連する施設において、どのようなシーズがあるか継続的に探索・確認するとともに、それらのシーズの有望性を確認し、当該シーズの進捗状況を確認した上で、企業との共同研究の支援等と行います。
事務部門
当部門では、当センターにおいて臨床研究が円滑に遂行できるとう、各部門に対し様々な事務的支援を行うとともに、研究者や企業に対して、正確な最新情報を提供するための広報活動を展開します。その他、研究者の事務的負担を軽減するためのサポートも行います。
PAGETOP
PAGETOP